熟女出会いアプリ

熟女出会いアプリで見つけた変態熟女

彼との出会い。不倫中の男は、熟女の私の上司でした。彼はお洒落で仕事も出来て優しく理想の上司でした。

 

きっかけは、社内の飲み会でした。たまたま帰る方向が同じだったことと、徒歩で一緒に帰ることになったことでした。お互いフラフラになるほど飲んでいて肌寒い季節であったことも関係していて、上司が自分のマフラーを私の首に掛けてくれて手が冷たくなっているから、とそっと手をつないできました。

 

理想の上司であったことが私の鼓動は急ピッチで動きだし身体が火照りだしたのが自分でも分かりました。

 

手をつないで歩いていると公園がありベンチで酔いをさまそうと言われて並んで座ると、突然キスをされました。私も驚きながらもすんなり受け入れていました。

 

その日から二人で会う機会を作り肌を重ねていくことに。暫くは熟女ホテルでの行為でしたが、お互い会社でも気持ちを抑えることが出来なくなっていました。

 

社内には暗幕とスポットライトがある会議室がありました。上司にその会議室に来るように呼ばれると、私の身体は火照りだしていました。

 

会議室に入る前に人に見られていないか確認して鍵をかけるのが私の役目でした。

 

煌々と明るい会議室で彼はパーティーストッキングを脱ぐようにとても低い声で命令します。

 

明るい会議室で彼が見ているということと社内で誰かが来るかもという緊張感ですでに私の秘部から液体が溢れだしそうになっていました。次スカートと下の下着のみ脱ぐように指示をされます。

 

そしてやっと会議室の暗幕を下ろしてもらうことができます。会議室は外からも見えるので、いつもギリギリ見えない角度のところで、脱いでいたのでそのスリル感からも、身体の火照りは留まることはありませんでした。

 

会議室が暗くなり、次の指示は会議室のデスクの上に上がって座り大きく足を広げて私の秘部が彼に見えるようにすることでした。

 

会議室のスポットライトが私の秘部を照らすように調整されます。暗い会議室で私の秘部だけが明るく照らされている光景は何とも言えない恥ずかしさでいっぱいになります。そしてその格好のまま上に着ているのもを脱ぐように指示されます。

 

暗い会議室で自分の秘部だけが照らされている中で生まれたての姿になることに何とも言えないゾクゾクした感覚がありました。秘部だけが煌々と照らされながら、上司は私の胸の先にある充血した突起物を激しく愛撫をし始めます。

 

熟女の私の秘部は触って欲しくて悲鳴をあげそうなほど愛液が滴り落ちていても執拗に胸の愛撫を続けます。そしてスポットライトで照らされた私の秘部から溢れだしている愛液を確かめ、下を押し入れてきたり、敏感になったクリトリスを吸い、さらに両足を浮かせてお尻の谷間もなめ回します。

 

そして左手の人差し指を濡れた肛門に滑り込ませ秘部には右手の二本の指を潜り込ませて前後の穴を刺激しながらクリトリスをなめられ、私は一度目の快楽に到達しました。その後収縮がおさまる間もなく彼の逞しい肉棒を迎え入れ何度も絶頂を迎えると言うことが幾度となく繰り返されていました。

 

そして今でも上司も会議室も大活躍中です。彼氏い欲しい女性にオススメです。彼氏欲しい

 

今アラフォー熟女女性が熱い、その魅力に迫る

かつては、「女の年齢=クリスマスケーキ」理論というものがありました。
クリスマスケーキが注目を集めるのは25日まで、26日以降はいくら値引きしても見向きもされない。
熟女女性もまた同じで、25歳までは男が群がってくるものの、26歳以降の売れ残り悲惨な憂き目を見るというものです。
女性にとってはいささか失礼ではありますが、まことしやかにささやかれ続け、世の中には負け組女性という言葉も生まれました。
しかし、今や時代は変わりました。
世の中には草食系男子が増え、晩婚化が進み、共働き夫婦が当たり前になってきました。
これまでのように、男が群がるのは25歳までというような理論ははっきり言ってもう古い。
今やアラフォー世代でも、若い子に負けない魅力で男性を引き付けてやまない女性たちが沢山います。
男たちはアラフォー熟女女性のどこに惹かれるのか。
その理由を明かしていきたいと思います。

 

アラフォー熟女女性の魅力一つ目は、経済的・精神的な自立です。
かつて男はがむしゃらに働き収入を得て、女は家事に専念すると言った時代では、女性の自立は邪魔な物とさえされていました。
ところが、現代では共働きは当たり前ですし、男女とも転職や独立が珍しくなくなっています。
そのような場合、自立した女性というのは頼りがいがあるように男性の目に映ります。
女性が経済的に自立することで、非効率な長時間を男性が引き受けざる負えなくなるリスクは低減します。
また、転職や昇進など人生の岐路に立たされた時、自立した女性からのサポートを得られるとしたら何と心強いことでしょう。
先が見えにくい時代だからこそ、自立した女性の強さに男性が惹かれているのです。

 

二つ目の魅力は、適度な距離感です。
現代社会の発達に伴い、個人の趣味や興味の範疇はますます細分化していきます。
これだけ価値観が多様化していくと、主義主張がピッタリ同じ人をパートナーとして見つけることが難しくなります。
それよりもお互いの価値観を尊重し合い、違っているところを認め、相手のテリトリーには無理やり立ち入らない関係を構築することが現実的です。
アラフォー女性は人生経験が豊富で、出るところと引くところを心得ており、相手との適度な距離感を保つことができます。
お互い独立した部分を認められるアラフォー女性は、現代におけるパートナーとして最適だと言えるでしょう。

 

三つ目の魅力は、母性本能です。
実は、男性はいつまでたっても、誰かに甘やかしてもらいたいという願望を持っています。
しかし、年齢が重ねるほど甘やかしてくれる相手は減り、まして年下の女の子には弱いところを見せることなどできません。
アラフォー女性は男が甘えられる数少ない相手。
職場などで、各方面に気が回りその場のコミュニケーションを円滑化してくれる女性を見ると、その女性からあふれ出る母性本能にグッと来てしまいます。
その優しさを自分だけに向けてほしいという願望が生まれ、結果、アラフォー女性には優しくしてもらいたい男性が群がるのです。

 

キレイで優しいお姉さんは、いくつになっても男たちの憧れ。
自立心と気配りと優しさを兼ね備えたアラフォー女性がモテるのは必然の成り行きなのです。
近い将来、女性の本当の魅力が伝わるのは40からと言われる日が来るかもしれませんね。

 

アラフォー熟女は美しさの盛り

 

@20代とは違った美しさがある
アラフォーとはいっても、50代60代と比べてみると、まだまだ雲泥の差の美しさがあります。20代の美しさは、それはそれは肌のハリといい弾力といい、艶がまったく違いますので、違う生き物とも思えるぐらい別物と言えるでしょう。しかし、ある程度の年齢を重ねた人から見ると、20代の若々しい美しさは、長く接していると時に疲れを感じさせることがある、というのをお分かりいただけると思います。その点、アラフォーの落ち着きのある美しさは安心感があります。

 

A金銭的な余裕がある
アラフォー年代の方々になると、今まで働いてきた蓄えがあります。そのため、服装や持っている物は高価なものではないにしても、ある程度良いものを身に着けることができるようになります。人は髪型や着ているものによって、内面も変わってくるのではないでしょうか。そして金銭的な余裕というのは、その人の顔や姿形、行動や言動にも現れてきます。それはまわりで見ている人にも感じることだと思います。「貧すれば鈍する」とも言うように、まわりの人の気持ちを踏みにじったり、迷惑をものともせずという態度は見ていて興ざめです。まわりの空気を読むということができるようになるのもアラフォー女性の魅力の一つだと思います。

 

B自立している
アラフォー世代になりますと、ブレない自分になってくると思います。周囲に流されるというよりも、自分の気持ちが定まってきている時期になります。時間の過ごし方やお金の使い方も自分の考えが固まってきていてます。何に投資をするべきか分かっているので、無駄な時間やお金を使うことも少なくなってきています。休日の過ごし方や自分なりのストレス解消法も理解しているので、リフレッシュして仕事に臨むことができます。また健康管理などもしっかりと行うことができるので、急な欠勤などなく職場での信頼もあつくなってくるでしょう。

 

C見返りを求めない
若い年代のときのように、人に何かしてあげたら、同等のものが返ってくるものだという固定観念は薄くなります。「世の中そんなに甘いのもではない」ということも体感してきています。自分が若かった頃に周囲からの助けがたくさんあり今の自分がある、という気持ちも芽生えてきます。今まで生きてきて、他人からしてもらう事が多かったと気が付けば、若い年代の人達に何かをしてあげようという気持ちにもなります。その際に見返りは期待しなくなるでしょう。世の為人の為に何かをすることに喜びを感じてくる年代です。

 

D柔軟性がある アラフォーともなれば、仕事をしてきた期間がそれなりにあり、複数の会社でいろいろな人間と交わりながらさまざまな経験をしてきています。地の底に突き落とされるような時もあったと思います。そこから這い上がり時間を過ごしてきた人間は強さがあり人間としての深みができます。つらい失恋も経験済みですので、傷ついた人の痛みや気持ちがわかり、20代の人々とは比較できない大きな深い愛があります。子育ての経験のある人も多くいます。子供を育てるのは並大抵なことではありません。自分の時間、お金、気持ち、全てを犠牲にして子供を優先するのですから、これこそ無償の愛です。ちょっとやそっとのことではへこたれず、笑って受け流せるような忍耐力、ときには妥協も必要であるということも今までの経験上わかっているのです。
人々の鋭い意見もそのような柔軟な態度で対応すると、争いごとも起こらず平穏が訪れます。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/rikon10/01.html

 

 

塩対応の熟女

こんにちは、僕は25歳の会社員をしている男です。学生時代に彼女と別れてからは恋愛と言った物には疎遠になって、会社と自宅を往復する日々。
趣味のカフェ巡りも一人でやれてしまうから余計に「この生活も悪くは無いかな?」なんて思っていました。

 

そう感じながらある日、友人の結婚式に招かれて新郎新婦の仲の良い姿を観て、「久々に恋がしたい...!」と抱く様になりました。
ただ職場では特に仲の良い同僚が居る訳でも無く、かと言って誰かに紹介して貰える程、連絡を取り合っている人も居ない。
まー、そうだよなー、と熟女出会いサイトを徘徊していたそんな時に広告でPCMAXの広告が目に入りました。

 

これなら誰にも迷惑掛からなそう!と早速登録を済ませて会えそうな女性を探してみる事にしました。
最初は業者からのメールが多く面倒になりかけたものの、「28歳・趣味はカフェ巡り・既婚」と書かれた女性を見つける事に成功。
「既婚者が熟女出会い系ってヤバくね?」と内心思いながらも足跡を付けて反応を見ると見事に返してくれたので即アポ取りへと行動に移りました。

 

住んでいる都道府県が同じだったので最初はどんなカフェに行くか?みたいな内容のメールを自己紹介も含めて送信。
数分後に2つぐらいの行きつけカフェの名前が書かれた返信が返って来ました。
若干塩対応されたものの、これで口説いて出会えたら相当良い経験になるし話のネタになるじゃん!とにらんでそのカフェのオススメメニューなどを聞いてみました。
そのやり取りを繰り返していく内に少しずつ返信の内容も良い感じになり始めて、僕のオススメカフェの事の話も交えたりしました。
ここまで来るのに1週間弱掛かったのでポイントも何度か購入しましたが、だんだん引き下がれなくなって来たので畳み掛ける様に「良かったら一緒にカフェ行きません?」と送信。
普通はNGを食らう場面ですが、数日後なら空いているとの事だったので無理やり営業の時間を作って仕事中に外出する口実を作る事に成功しました。
終わってからは直帰だったのでゆっくり出来るのも良かったですね。

 

出会う当日、昼過ぎに待ち合わせの駅前に向かいました。
正直写真交換をしていなかったので服装の特徴だけ聞いての当日だったのですが、直ぐに女性を発見。
人妻と言う事も有って身なりも綺麗で、何でこの人が熟女出会い系サイトに登録を?と思ってしまうぐらい、平社員の僕からしたら一緒にカフェへ行くのは勿体無いぐらいです。
「お待たせしました」と声を掛けると「どうも」とふわっとした声で返事が返って来ました。
メールの文章からは想像付かないおっとりした雰囲気ですが、見た目はストライクゾーンだったのでワクワクしながらお気に入りのカフェへ。

 

ブレンドコーヒーを飲みながら雑談していると出会い系を使う理由が分かって来ました。
旦那さんは単身赴任中で自宅で一人は寂しくなった事から利用し始めたそうで、「これはホテル誘えば行けるかも?」と。
「もう少し二人っきりの所に行きませんか?」と囁く様に誘うと頷く様にOKをGET!そのまま近くのホテルに行きました。

 

部屋に入った瞬間に表情も女の顔になっており、そのままベットに寝かせて服を脱がせました。
数ヶ月ほどご無沙汰だった女性のアソコは興奮したのか少し濡れていました。
不倫に近い不倫だから余計に後ろめたさと興奮が混じっていたのかも知れません。
お互いに激しく身体を求めあう様に69から女性の前戯でひたすら弄り回す事に専念しました。
「ああっ!ダメえ!!」そう言った瞬間に潮吹きでビチャビチャに。そのまま即挿入しました。

 

激しくバック攻めで身体がぶつかり合って声も大きくなりながら、中の締まり感が久々だったのでイキそうになりながらも動き続けます。
よっぽど欲求不満だったのか、激しいキスもかわしながらまるで付き合っているかの様な雰囲気でした。
「好きになっちゃうかも」なんて耳元で囁くと「もうメチャクチャにしてえ...」と言ってしまう女性の姿には更に興奮しました。

 

最後は正常位にてフィニッシュ。
気が付いたら中に出してしまいましたが御構い無しに二回戦。
結局終電ギリギリまでホテルにて過ごしていました。

 

その女性とは今でもセフレ関係で続いています。
禁断の関係になっているものの、旦那さんが帰って来るまでは自宅にも遊びに行けるので、旦那さんの寝室でヤッてみたりと日々性欲を発散しています。
熟女出会い